ソロモン諸島の世界遺産・東レンネル

ソロモン諸島の世界遺産である東レンネルを訪れた時のもろもろのちょっとした記録。
かなりコツがいる?場所だ、、、
ソロモン諸島東レンネル
レンネル島の空港へは10人ちょっとの飛行機で。小さい飛行機のため、予約時にはちょっとしたコツが必要。
ソロモン諸島東レンネル
東レンネルのハードなところは空港から湖までの道のりも。こういう車の荷台に乗ってガタガタ道を約3時間。晴れれば汗が滴るし、雨が降れば当然びしょびしょ
ソロモン諸島東レンネル
ちょっと森に入れば、大量の汗。でもTシャツと短パンでいると、、、
ソロモン諸島東レンネル
東レンネルの絶景スポット。いろいろな意味でこの場所に立つと感慨深い。
ソロモン諸島東レンネル
こんな素敵なビーチもありリゾート気分満載になれる?
ソロモン諸島東レンネル
薬草。いまでも地元の人はリアルに使っている。使い方には昔の人の智恵と現代の法が混在してる
ソロモン諸島東レンネル
東レンネル唯一?の宿からの景色
ソロモン諸島東レンネル
宿の中。個室になってはいるのだが、宿泊するためにはかなりの準備と調整も必要
ソロモン諸島東レンネル
宿の食事その1.エビはマヨネーズかけるとおいしかった
ソロモン諸島東レンネル
宿の食事その2.この質素さには大きな理由があった。

私自身は、冒険家の人たちほどいろいろなところに行ってるわけではないが、結構、過酷な場所だったような気がする。
気候とか天候とかもだけど、その他のことも含めて先読み&ケアしないと、先が見えてこない(もっとも、地元の人たちは見えてくる必要がないのだが)
「リゾート」ってどういう意味があるのかあらためて考えてしまった、、、
スポンサーサイト
kauri media production
ニュージーランド・オセアニアでのテレビ・雑誌の撮影や取材、PVの撮影のコ―ディネイトとライター業務をしています。

kauri-media-production

Author:kauri-media-production
ニュージーランド在住20年。撮影・取材コーディネイト。ライター。
報道、自然ドキュメンタリー、動物ドキュメンタリー、人間ドキュメンタリー、環境ドキュメンタリー、人探しドキュメンタリーから、旅番組、検証番組まであらゆるプログラムをコーディネイトしています。
取材や執筆では公官庁からファッションデザイナーまで様々なジャンルの人にインタビュー。
動画やスチール撮影では車からファッションまで、ロケハンからポスプロまでを行っています。

撮影や取材を通してニュージーランドや南太平洋諸島各地(フィジー、ソロモン諸島、クック諸島、バヌアツ、ツバル、キリバス、トンガ、サモア、トケラウ(NZ領)、ナウル、パプアニューギニア、パラオ、タヒチ(フレンチポリネシア)、ニウエ、マーシャル諸島、ミクロネシア等々)を周る中で自然の大きさや神秘さ、スピリチュアルなことに触れ自分自身もその魅力に引き込まれる。
撮影ロケーションと共にパワースポットも探すようになる。(おそらくNZの中では誰よりもパワスポを意識してロケーションスカウトしている)
そんなわけで、
ニュージーランド・フラワーエッセンス・プラクティショナー
レイキ・プラクティショナー
占星術アロマセラピストの資格も保持。
と、同時にニュージーランド不動産販売免許保持(取材で必要だったため資格をゲット)
お問い合わせのメールは
nzmedia@live.jp
へ、お願いします。

お問い合わせはこちらのメールフォームでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
kauri media production

FC2Blog Ranking