スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランドで撮影された映画のロケ地

 南島のニュージーランド人スタッフと一緒に場所探しで周っていたときのこと。



 『ロード・オブ・ザ・リング』のロケ地。
 ニュージーランドで撮影された筆頭映画のロケ地である。

 これまでにも、もちろん同映画のロケ地に何箇所か行ったことはある。有名どころではマタマタのホビットの村、ウェリントンの林、ウェリントン郊外のお城があった川、トンガリロのスキー場、切り立った壁の川、クイーンズタウンの丘などなど。
 しかし、この場所は初めてだった。今まで行った場所はなんだかんだでアクセスがいいところであった。あまり苦労せずとも見ることができる、いわば「お手軽ロケ地」であった。その気になれば観光バスに乗ってツアーだって組める?かもしれない場所であった。
 ところが、この場所は違った。
 ここは一体何処?永遠にこの風景が続くのではないだろうか?今、走っているのは道の上じゃないよね、むしろ水の上だよね?ここからどうやって帰るの、Uターンできそうな場所ないじゃん、というような様々な思いが次々に出てくるドライブの末、たどり着いた場所であった。

 『ロード・オブ・ザ・リング』の撮影時にはロケーションマネジャー(日本風に言えばロケーション・コーディネイター)として南島を隈なく走り回っていたこの道30年のニュージーランドスタッフがいて、ロケハン時に彼が連れて行ってくれた場所であった。
 ちなみにこのロケ地では数ヶ月に渡り、撮影が行われていたようである。

 アクセスがあまりにも悪いので、観光として見るには絶対にお奨めはしない。
 その反面、アクセスの悪さにも関わらず数ヶ月もココで撮影をするほどピーター・ジャクソン監督を魅了したこの場所はスチールや動画に使うのであれば、「ニュージーランドらしい」、「わざわざ飛行機代を払ってニュージーランドまで撮りに来た甲斐がある」かなりいいロケーションなので、かなりのお奨め品である。


 ここは火事のシーンを撮ったところだと言っていた、がどのシーンであるかは自分には思い出せなかった。

 本日もありがとうございました。
スポンサーサイト
kauri media production
ニュージーランド・オセアニアでのテレビ・雑誌の撮影や取材、PVの撮影のコ―ディネイトとライター業務をしています。

kauri-media-production

Author:kauri-media-production
ニュージーランド在住20年。撮影・取材コーディネイト。ライター。
報道、自然ドキュメンタリー、動物ドキュメンタリー、人間ドキュメンタリー、環境ドキュメンタリー、人探しドキュメンタリーから、旅番組、検証番組まであらゆるプログラムをコーディネイトしています。
取材や執筆では公官庁からファッションデザイナーまで様々なジャンルの人にインタビュー。
動画やスチール撮影では車からファッションまで、ロケハンからポスプロまでを行っています。

撮影や取材を通してニュージーランドや南太平洋諸島各地(フィジー、ソロモン諸島、クック諸島、バヌアツ、ツバル、キリバス、トンガ、サモア、トケラウ(NZ領)、ナウル、パプアニューギニア、パラオ、タヒチ(フレンチポリネシア)、ニウエ、マーシャル諸島、ミクロネシア等々)を周る中で自然の大きさや神秘さ、スピリチュアルなことに触れ自分自身もその魅力に引き込まれる。
撮影ロケーションと共にパワースポットも探すようになる。(おそらくNZの中では誰よりもパワスポを意識してロケーションスカウトしている)
そんなわけで、
ニュージーランド・フラワーエッセンス・プラクティショナー
レイキ・プラクティショナー
占星術アロマセラピストの資格も保持。
と、同時にニュージーランド不動産販売免許保持(取材で必要だったため資格をゲット)
お問い合わせのメールは
nzmedia@live.jp
へ、お願いします。

お問い合わせはこちらのメールフォームでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
kauri media production

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。