ニュージーランドの祝祭日(アンザックディ)

今日、4月25日はニュージーランドでは休日になる。

ANZAC DAY アンザックディ(Australian and New Zealand Army Corps) と呼ばれ、
平たく言えば、戦争記念日的な休日である。第1次世界大戦中にイギリスがトルコの前線にオーストラリアとニュージーランド(この頃、この二つの国はまだイギリスの一部だった)の混合部隊を投入したのだが、このアンザック隊は「勇敢だった」ということで、その後も各地に派遣されている。その分、犠牲者も多く出ている。

この日はいつも退役軍人をメインとしたパレードが各地である。パレードには各地元の諸々の団体も出席している。ウチの地元のパレードでは消防署、警察署、救急隊、政党、ライオンズクラブ、ロータリークラブ、学校、スカウト、ガイド、等々。
ウチの場合は毎年、子供がスカウトで参加している。

昔は、このパレードの日は日本人はあまり外に出ない方がいいと言われていた。何しろ敵国だったので。もちろん、今でもそういった旨のことは言われている。実際、ウチの娘もかれこれ7年、このパレードに参加しているが、7年前、初めて参加したときはすれ違いざまに、「えっ、何でアジア人がここにいるの?」という目で見られることもあった。場所によっては「自分の国に帰れ」と罵声を浴びせられたりすることもあるという話を聞いたことがある。幸いなことに自分たちが参加している地域のパレードでは今まで、そういった言葉を受けたことはない。ここ数年は、参加者もこちらの顔を覚えているのか、特異な視線を受けることもない。
会場で、学校の友達の親に会ったり、シンクロチームの親にあったり、どちらかというと知り合いに会うことのということが多くなり、「せっかくの休みなのに、今日は朝早くてお互い大変だよねー」的な会話になる。戦争から時がたっている分、参加者の意識も形式的に式典をするというものに変わってきているかも知れない。

ただ、地元の小さなパレードということもあり、やっぱり、アジア人の姿はほとんど見かけない。
特異な目で見られるという風潮もあって、外に出るアジア人が少ないということもあるだろうし、住んでいる地域の人種の多さの違いもあるので一概には言えないが、普段は良く見かける中国人、韓国人の姿もまったく見なかった。

パレードは商店街を出発して、近くの戦争記念センターへ行く。そして簡単な式典があり、最後に顕花をして終わる。
式典では区長さんみたいな人が最初の挨拶で一応「これは戦争記念を意味するものではなく、平和があることを喜び、感謝する日です」とは言っていた。まあ、そう言うしかないわなー、といった感じである。


ところで、このアンザックディ、去年あたりから感じているもう一つの感覚がある。
それは、やっぱり、「重い」雰囲気というか、波動というか、去年はその日に原因不明の高熱が出た。
今年はちょっと気をつけたので、そこまで体に異変を感じることはなかったが、やはり少し気分が悪くなった。やっぱり戦争関係のことはそれなりのエネルギーがある。

家に帰ってきたら、上がる前に、念のために、塩をふった。これでだいぶ良くなったのだが。

決して楽しむイベントではないが、たとえ最近の移住組みであっても、この国に住んでいる以上は、やっぱり出ておくべきかな、と思う年一のパレードである。

本日もありがとうございます。

海外の祝日もすぐチェック
スポンサーサイト
kauri media production
ニュージーランド・オセアニアでのテレビ・雑誌の撮影や取材、PVの撮影のコ―ディネイトとライター業務をしています。

kauri-media-production

Author:kauri-media-production
ニュージーランド在住20年。撮影・取材コーディネイト。ライター。
報道、自然ドキュメンタリー、動物ドキュメンタリー、人間ドキュメンタリー、環境ドキュメンタリー、人探しドキュメンタリーから、旅番組、検証番組まであらゆるプログラムをコーディネイトしています。
取材や執筆では公官庁からファッションデザイナーまで様々なジャンルの人にインタビュー。
動画やスチール撮影では車からファッションまで、ロケハンからポスプロまでを行っています。

撮影や取材を通してニュージーランドや南太平洋諸島各地(フィジー、ソロモン諸島、クック諸島、バヌアツ、ツバル、キリバス、トンガ、サモア、トケラウ(NZ領)、ナウル、パプアニューギニア、パラオ、タヒチ(フレンチポリネシア)、ニウエ、マーシャル諸島、ミクロネシア等々)を周る中で自然の大きさや神秘さ、スピリチュアルなことに触れ自分自身もその魅力に引き込まれる。
撮影ロケーションと共にパワースポットも探すようになる。(おそらくNZの中では誰よりもパワスポを意識してロケーションスカウトしている)
そんなわけで、
ニュージーランド・フラワーエッセンス・プラクティショナー
レイキ・プラクティショナー
占星術アロマセラピストの資格も保持。
と、同時にニュージーランド不動産販売免許保持(取材で必要だったため資格をゲット)
お問い合わせのメールは
nzmedia@live.jp
へ、お願いします。

お問い合わせはこちらのメールフォームでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
kauri media production

FC2Blog Ranking