ニュージーランドで就職

今日オークランドでJapan Dayという在住の日本人会が主催するお祭りがありました。
この内容については多分、あちこちのブログで書かれると思うのでパスしますが、

会場ではこんな紙を配っていました。


はい、すみません。
また、写真がアップできませんでした。
月曜日には復旧してくれるといいんですが。

「警察官募集」のチラシなんです。

NZでは数年前から、いろんな民族の警察官を募集しています。

移民の国なので、いろんな民族の人がやってくる。
そして犯罪に走ったり、巻き込まれたりする。
アジア人が関わるケースも増えています。これは日本人でも例外ではありません。

そんなこともあってか、警察官にもいろんな人を、という動きが出てきています。
ちょっとまえ(それでも今年だったと思う)の新聞でも、「新しい警察官、研修終わらず」みたいな記事が出ていました。
英語力が警察官の規定?に足りずに、もうちょっと研修という内容でした。

アジア人の警察官を増やそうとしているNZ警察。
中国人のお祭りでもやっぱり新人警官の募集をしていました。
ただ、やっぱり警官ともなると、それなりの語学力も必要なんでしょう。

多分、今は永住権を持っている人を対象としていると思うのですが、

誰か、永住権やワークビザを警察のサポートレターで取ってくれないかなー。
ものすごく優秀で、ものすごく熱心に訴えたら、意外と実現しそうな国なので、100%無理な話ではないような気もするんです。
日本での職歴が警察官であればなおいいかも。

それはそれで、おもしろそうなネタだと思うんですが。

スポンサーサイト
kauri media production
ニュージーランド・オセアニアでのテレビ・雑誌の撮影や取材、PVの撮影のコ―ディネイトとライター業務をしています。

kauri-media-production

Author:kauri-media-production
ニュージーランド在住20年。撮影・取材コーディネイト。ライター。
報道、自然ドキュメンタリー、動物ドキュメンタリー、人間ドキュメンタリー、環境ドキュメンタリー、人探しドキュメンタリーから、旅番組、検証番組まであらゆるプログラムをコーディネイトしています。
取材や執筆では公官庁からファッションデザイナーまで様々なジャンルの人にインタビュー。
動画やスチール撮影では車からファッションまで、ロケハンからポスプロまでを行っています。

撮影や取材を通してニュージーランドや南太平洋諸島各地(フィジー、ソロモン諸島、クック諸島、バヌアツ、ツバル、キリバス、トンガ、サモア、トケラウ(NZ領)、ナウル、パプアニューギニア、パラオ、タヒチ(フレンチポリネシア)、ニウエ、マーシャル諸島、ミクロネシア等々)を周る中で自然の大きさや神秘さ、スピリチュアルなことに触れ自分自身もその魅力に引き込まれる。
撮影ロケーションと共にパワースポットも探すようになる。(おそらくNZの中では誰よりもパワスポを意識してロケーションスカウトしている)
そんなわけで、
ニュージーランド・フラワーエッセンス・プラクティショナー
レイキ・プラクティショナー
占星術アロマセラピストの資格も保持。
と、同時にニュージーランド不動産販売免許保持(取材で必要だったため資格をゲット)
お問い合わせのメールは
nzmedia@live.jp
へ、お願いします。

お問い合わせはこちらのメールフォームでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
kauri media production

FC2Blog Ranking