ニュージーランドのアロマテラピー2

NZには2つの特有の精油がある。これらはいずれもティーツリー系の精油で、



一般的に言われている薬理効果はティーツリーと同じ。また応急処置的に直接皮膚に塗ることも可能だそうだ。





おもしろいのがこの二つの精油は対をなしていること。



あるアロマのスクールの主任講師にその違いを聞いたところ、



「陰陽の違いだ」という西洋の発想らしからぬ答えが返ってきたので、



「そのロジックや根拠はどこからきているのか?」と再び聞いたら、



「マオリの人の植物の知識からきている」という答えであった。













その講師の人はロバート・ティスランドのお弟子さんだったようなので、サトルアロアテラピーなどの理解もあり、そんな回答をしてのだろうが、その学校ではすべての精油を陰陽に分けて説明しているらしい。





さて、この2つの精油はかなりクオリティーが高く(メーカーによりその差異もあるが)、日本のアロマセラピストの中には、NZに来ると必ずこれを買っていく人もいる。















NZのアロマ事情ということでもう一つ。





日本人に関係することでは、最近、アロマテラピーをNZで学ぶという日本人が増えてきている。



学校自体も増えてきているため、選択肢もそれなりにあるが、「バスボムを作りながら英語を学ぶ」といったようなワークショップをしながら英語を学ぶという程度であればどこでもかまわないのであろうが、アロマセラピストになるために学ぶということであれば、ある程度、しっかりと自分の進路を見据えて学校を決めたほうがいいのであろう。













単に、アロマテラピーのコースがある学校というだけで選ぶのではなく、アロマセラピストになったときに、「どういった場所で」、そして「どの分野」で活躍したいか?それによって、学校は大きく変わると思う。



自分が学ぶスクールがどの流れをくんでいるのかは認識しておいたほうが、後々、動きやすいのかもしれない。

スポンサーサイト

ニュージーランドのアロマテラピー1

代替治療の使用率が高いNZではアロマテラピーもそれなりに普及している。



日本との一番の違いは、組織によって基準がバラバラな日本のアロマテラピー事情に比べ、NZでは、政府の認定機関であるNZQAとある大きな一つのアロマテラピーの組織が大きくはコントロールしているという部分である。





アロマテラピーのディプロマが発行されるスクールで、現在教えている先生たちは、日本同様IFAの流れで勉強したり、IFPAや、ITECや、RQAで勉強していたりと、まあ、やはりイギリス系の流れをくんでおり、歴史的に医療に使われていて、保険もきき、内服もするフランス系のバリバリなメディカルアロマの学校というのは(個人的にではあるが)今のところ聞いたことがない。これは法律的な部分も関係しているのかも知れない。





あるスクールの講座を見学して、やはり、心と体の健康の回復に東洋の思想を取り入れたマルグリット・モーリ氏の皮ふからの精油の吸収、心身のバランスをマッサージで効果的に得るといったイギリス色はかなり濃かったような気がする。



014



ただ、イギリス系が多いからと言って、ではその学校でIFAのディプロマが発行されるかと言えばそうではないところも多く、どちらかと言えば、NZQAに準じたディプロマということになる。





これは一見すると日本では認められにくい資格ではあるが、NZでは、国が認めている資格になるため、それなりに厳しい基準が設けられている。特に解剖生理やマッサージ実習の時間は長く、それをクリアーできない場合は資格が取得できないようなシステムにあるため、実際に活躍しているアロマセラピストの技術はそれなりの基準をクリアーしているといえるのであろう。

ニュージーランドのホリスティックメディスンのショップ

住宅街の一角にあるホリスティックメディスンのワンストップショップ



015



住宅を改装してあるところだけに決して大きな売り場ではないが、



016



エッセンシャルオイルやら、フラワーエッセンスやら、



020



ハーブなどもずらりと取り揃えてあった、



仏像なども置いてあった。

呼ばれる場所、呼ばれるヒト

最近、また、

場所に呼ばれている気がしている。


ニュージーランド国内であったり、

ニュージーランドの外であったり、



場に出会うのも、

ヒトに出会うのも、

すべて宇宙からの贈り物かもしれない。



いろいろな贈り物に感謝感謝である。




本日もありがとうございました。

ニュージーランドの夜の空

 ニュージーランド南島にレイク・テカポという湖がある。




 
雪をかぶったアルプスとミルキーブルーの湖面のコントラスト。


アルプスの田舎の風景である。





 そして、ここはニュージーランドで一番、星がきれいに見られるところとしても知られている。

 陽が沈んだ後、上を見上げると期待していた以上の星空がある。


 星がこんなにも眩しいのか、と思わせてくれたのが金星。
 もう少し近くによってみたくなり、写真を撮ってみる。


ハートチャクラに響いてくる



別の方角にはこんな面白い色も見ることができた。

これはもう少し上のチャクラに


本日もありがとうございました。










・空がきれいに見える家
kauri media production
ニュージーランド・オセアニアでのテレビ・雑誌の撮影や取材、PVの撮影のコ―ディネイトとライター業務をしています。

kauri-media-production

Author:kauri-media-production
ニュージーランド在住20年。撮影・取材コーディネイト。ライター。
報道、自然ドキュメンタリー、動物ドキュメンタリー、人間ドキュメンタリー、環境ドキュメンタリー、人探しドキュメンタリーから、旅番組、検証番組まであらゆるプログラムをコーディネイトしています。
取材や執筆では公官庁からファッションデザイナーまで様々なジャンルの人にインタビュー。
動画やスチール撮影では車からファッションまで、ロケハンからポスプロまでを行っています。

撮影や取材を通してニュージーランドや南太平洋諸島各地(フィジー、ソロモン諸島、クック諸島、バヌアツ、ツバル、キリバス、トンガ、サモア、トケラウ(NZ領)、ナウル、パプアニューギニア、パラオ、タヒチ(フレンチポリネシア)、ニウエ、マーシャル諸島、ミクロネシア等々)を周る中で自然の大きさや神秘さ、スピリチュアルなことに触れ自分自身もその魅力に引き込まれる。
撮影ロケーションと共にパワースポットも探すようになる。(おそらくNZの中では誰よりもパワスポを意識してロケーションスカウトしている)
そんなわけで、
ニュージーランド・フラワーエッセンス・プラクティショナー
レイキ・プラクティショナー
占星術アロマセラピストの資格も保持。
と、同時にニュージーランド不動産販売免許保持(取材で必要だったため資格をゲット)
お問い合わせのメールは
nzmedia@live.jp
へ、お願いします。

お問い合わせはこちらのメールフォームでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
kauri media production

FC2Blog Ranking